ミニ盆栽の卓 工房すぎ

ご注文はこちら

紫檀とは

紫檀の特徴

ミニ盆栽の卓 工房すぎ

読み方はシタンになります。シタンは非常に硬い木材で木理は交錯し、重硬なため、乾燥・加工性にやや難があるが、 加工後は美しい仕上がりが得られる木材です。 虫や菌に侵されにくく、腐りにくい為、耐朽性は極めて優れています。 また、コクタン、タガヤサンを含めた三大唐木のひとつでもある樹種です。


硬い樹木 原産地・色調・価格について

原産地は、ビルマ、カンボジア、ラオス、タイなどの東南アジア及びインドの南部に生育しています。

強度は、非常に硬く、価格は非常に高価です。

色調は、辺材は灰白色、心材は暗赤帯紫褐色で、心材、辺材の色調は全く異なる為、境界は見つけるのは至極たやすい樹木になります。

ミニ盆栽の卓 工房すぎ

加工技術集団 木谷製作所

↑ PAGE TOP