ミニ盆栽の卓 工房すぎ

ご注文はこちら

欅とは

欅の特徴

ミニ盆栽の卓 工房すぎ

読み方はケヤキになります。欅は強靭で狂いが少なく耐朽性にも優れているという実用性の高い特徴を持ち、 外見的にも木目が力強くて美しい事から古来より日本国内で最良の広葉樹として扱われてきました。 また、如輪杢という特別な杢が出る事もあり、これは杢の中でも最高級の杢とされています。 欅には如輪杢の他にも玉杢、葡萄杢、牡丹杢、、泡杢、笹杢などといった特殊な杢が出る事がある為、それらの杢がでている木の場合、見た目に大きな差がでる樹種だと言えます。 またそれだけ、好みが分かれる樹木になります。 国内でも有数とされる程、非常に魅力的な樹種である事から、欅の魅力を世界に広めるという計画が立案された事があり、 一時的にヨーロッパ方面へ輸出した事がありましたがヨーロッパの人達はケヤキの色があまり好みではなかったらしく思ったような成果は上げられなかった事があったそうですよ。


非常に硬い樹木

原産地は、国内では北海道を除き、全国的に分布しています。

強度は、非常に硬く、価格や価値も高価になります。

色調は、辺材は灰白色で、心材は帯黄紅褐色です。辺材、心材の色調が全く違う為、境界は明瞭ではっきりしていて見分けやすい樹木になります。

欅の用途としては和太鼓の胴の部分やお盆、お椀などの漆器があげられ、これらの加工品の材料としては現在でも非常に価値が高いとされています。

ミニ盆栽の卓 工房すぎ

加工技術集団 木谷製作所

↑ PAGE TOP